ヒカキンが YouTubeで有名になったワケ

スポンサーリンク

 

YouTube見てますか?僕はガンガン見てます(笑)この記事では今では「超有名人」になってしまった
”ヒカキン”について語っていこうかと思います

現代の主流メディアはYouTubeに

現代のメデイアコンテンツの主流はインターネットが主流になりつつあります。決して今までのメディアが絶対ダメとは言いませんが
スマホが普及し気軽に動画が見れる時代になってきたのもあり個人が情報発信ができ、さらには収入まで発生させれるサービスが人気に拍車をかけるようになってきました

テレビでYouTube動画を紹介してる(笑)

まず一昔前では全世界に向けて”いち個人”が全世界に情報発信なんてできるどころか、まずは身の回りのリーダーになって村長になって口コミが広がって「あいつスゲーらしーぞ」ってなってやっと人前で演説してせいぜい1000人に自分自身の考え方を”直”で伝える事しかできませんでしたが・・・

インターネットが普及した「現代」ではYouTbe等を通して全世界に一個人の存在感を配信できるようになりました。
気付けばテレビを凌ぐ映像コンテンツに。。僕は個人的にテレビ業界は”利権の塊”としか思ってないのでテレビでYouTubeを小馬鹿にしてるのを何度も見かけていましたが。視聴率や製作費のしがらみで番組内でYouTube動画を扱いだした時に”テレビってオワコンだな”と正直思いました
※”オワコン”は終わったコンテンツの略

スポンサーリンク

ヒカキンは才能を自力でこじ開けた

ヒカキンはYouTubeに動画配信を自身の得意なヒューマンビートボックス(ボイパ的な)なるもモノをアップしまくります
その当時のヒカキンはスーパーでアルバイトしながら夜な夜な動画を撮影してはアップロードしてたそうです

その当時のヒカキンの動画↓

 

ロン毛で主張ありまくりで僕個人的にはこの感じが好きですね(笑)

小、中学生に人気!!

まずヒカキンが狙ってるターゲット層は低年齢なんですね、よくネット上で見かけるヒカキン”アンチ”を見かけますが、 そもそもが子供に向けた配信なので大人が見て面白いか?と言ったら正直「NO]なんですよね。ちょくちょく Yahoo知恵袋等で「ヒカキン動画を見たくないので非表示にできませんか?」って質問も結構見かけます(笑) ヒカキンが”現代の子供”に好かれてさらに必要以上に叩かれる理由は「自由に生きてる様」かなと思います

握手会の様子
ヒカキン握手会

元々はスキージャンパー

幼少期からスキージャンプの経験があり、HIKAKINという名前の由来は、スキージャンプの先輩からHIKAKINの本名であるヒカルをもじりヒカキンと呼ばれ始めたことから

※wiki参照

ヒカキン&セイキンでスキージャンプごっこ!

※セイキンとはヒカキンの実兄

ウワサされている彼女問題

ヒカキン自体彼女がいるとか女性関係をYouTube等で公言するどころか「僕は彼女いません」と言っています
ですが”元彼女”のブログでヒカキンの女性関係のだらしなさを暴露されるとゆう事がありました

・年下の彼女と同棲をしているのに…ヒカキンは浮気し放題

・常にTwitterとかから可愛い子を探してる。

・可愛い子がいたらファンでも普通に出会う人。

※ダンテの友達さんごめんなさい。|Sの赤裸々ブログより

それを見たアンチネットユーザーは成功者の上げ足を取るかのごとく「謝罪しろ」だの「裏切られた」などウェブ上で叩きまくり
有名になればなるほど個人間ではそんなに大げさな自体にならに事でもすごく大きな”大罪”扱いされるのもいわゆる有名税なのかな・・
って思いますね。

あまりにも叩かれまくりヒカキンもTwitterで反論する事態に・・

 

真相は分かりませんが不道徳な事をしてれば巡り巡って”己”に跳ね返ってくるのかな~なんて思いますね

なにせターゲットが小、中学生とゆうのもあり夢を壊すような事をしていればさすがに「裏切られた」なんて思われてもしかたない気がしますね。。。
なにはともあれ”YouTuber”とゆう真新しい職業でエールもあり批判もある中で頑張ってるヒカキンの活動には今後も期待ですね

元プロマジシャンjinno(ジンノ)です
摩訶不思議なことが大好物すぎて色々追求した結果プロマジシャンになったりしていたのですが・・一向に芽が出なかったのでプロマジシャングッバイ(笑)

世界の裏側や都市伝説といった切り口で配信しています
裏話はメルマガでしか配信しませんのでメルマガ登録必須です

マジでヤバイ話は有料コンテンツサイトにて暴露しています
有料コンテンツを1ヶ月無料で覗いてみる

ブログじゃ話せない裏話はメルマガで配信しております
無料メルマガはコチラ
LINE@配信はじめました
LINE@に登録

スポンサーリンク

-記事が面白かったらシェアしよう-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です