バイきんぐ小峠英二、坂口杏里との破局の真相・・

スポンサーリンク

 

バイきんぐ

メンバー 小峠英二
西村瑞樹
結成年 1996年
事務所 ワタナベエンターテインメント→東京吉本→フリー→SMA NEET Project
活動時期 1997年-
出身 大阪NSC17期生
出会い 大分県の自動車教習所
旧コンビ名 バイキング、めすどり同好会
現在の活動状況 テレビ、ライブ
芸種 コント
ネタ作成者 小峠英二
過去の代表番組 イツザイ
イツザイS
同期 ヤナギブソン(ザ・プラン9)、青空、梶本貴史(シェーン)、ゴリけん、
公式サイト 公式プロフィール

出典:wiki

そもそもバイきんぐの小峠って何者?

小峠英二という名前だったんですね(笑)と言う方もいるかと思います

バイきんぐ2012

そもそもは2012年のキングオブコントで優勝を果たしてブレイクした芸人さんです

その時のコントで使用したフレーズが流行りましたね・・・「なんて日だ!!!」

このフレーズはコント中で小峠が相方の西村のボケに対し怒りの最上級用語として「なんて日だ!!」

と声をめちゃくちゃ張り上げて笑いを誘います

2012キングオブコント


キングオブコント優勝を期にブレイク

キングオブコント優勝を決めた収録当日も”害虫駆除”のアルバイトを朝までやっていたという遅咲きの芸人さんです
※優勝当時は37歳

現在はスキンヘッドの出で立ちですが元々パンクっぽい性格で長髪スタイルだったとか

今の小峠さんとは想像つきませんね

彼女は坂口杏里

キングオブコント優勝を期に有名になった小峠に「ファンなんです」的な勢いで近づき”押された”かたちで交際をスタートさせたのですが・・・

坂口杏里は遊び人

坂口杏里ホスト

年の差15歳もあり坂口の”男グセ”の悪さも小峠は多少の事は目をつぶっていたんだとか・・

こんな記事が出まくっててもあまり気にしなかった小峠ですが(気にはしてると思いますが)

さすがに許せない事があり破局の原因になったそうです

彼女の現在進行形で仲良くしてる人が”元犯罪者

小峠はデート当日に仕事を理由にドタキャンされたり、ホストクラブで豪遊したりの夜遊び三昧を見せられても、大人の余裕で不問にしてきた。その小峠がどうしても許せなかったのが、5月13日に児童福祉法違反の容疑で逮捕された雑誌企画・芸能プロダクション「センディング」の元社長で、20代向け女性誌「jiggy」のプロデューサーだった田代仁(フィリピン国籍のベレン・オリバー・オリベッティ)容疑者との関係だったという。女性誌記者が言う。

出典:朝芸プラス

そのことを知った小峠はさすがにどうにもならないと思ったのか彼女と話し合いお別れしたカタチになったとか

いくら彼女でも許せる範囲の度を超えてる気がしますね

小峠さんの良い出会いを願います

[blogcard url=”https://jinno-q.net/2015/08/31/post-558/”]

 

元プロマジシャンjinno(ジンノ)です
摩訶不思議なことが大好物すぎて色々追求した結果プロマジシャンになったりしていたのですが・・一向に芽が出なかったのでプロマジシャングッバイ(笑)

世界の裏側や都市伝説といった切り口で配信しています
裏話はメルマガでしか配信しませんのでメルマガ登録必須です

マジでヤバイ話は有料コンテンツサイトにて暴露しています
有料コンテンツを1ヶ月無料で覗いてみる

ブログじゃ話せない裏話はメルマガで配信しております
無料メルマガはコチラ
LINE@配信はじめました
LINE@に登録

スポンサーリンク

-記事が面白かったらシェアしよう-