堀江貴文が語るテレビの未来と買収しようとした、たった一つの理由

スポンサーリンク

デジタルコンテンツは”0円”になる

[blogcard url=”https://jinno-q.net/2015/11/02/post-1539/”]

 

↑この記事の続き

カツヤマサヒコSHOWのアシスタント榎木麻衣から今後のテレビの未来について質問がありました

「テレビって良い所、悪い所ありますが・・堀江さんの見えてるテレビの未来ってどう考えてますか?」

といった質問に

デジタルコンテンツというものは限りなく”0円”に近づいていくモノであって

要はデジタル化という事を突き詰めていくと”0円”になるという事・・

インターネットの本質は”中抜き”

”インターネットの本質は中抜き”と語る堀江だが中抜きと言うのは

中間工程を無くして簡略化していこうって事なんですが、まさにメディアは中間にいる存在なんです

これはどういう事かというと・・メデイアは情報元から取材や収録など集めそれを消費者へ届ける事をやっています

簡単にいってしまえば、情報元⇒メディア⇒消費者って事になります

要は中抜きという事なので情報元⇒消費者というのが簡略化(デジタル化)って事なんです

昔はテレビや新聞が主流で今みたいにスマホやインターネットが無かったので”メディア”としての仕事が成り立っていましたが、現在ではそうではありません

現代の人はネットで記事を読みYouTubeで動画を見てスマホでゲームをしています

最終的には堀江曰くメディアは無くなると断言しています

テレビ局は2つの選択肢を選ばなくてはいけなくなる

・プラットフォーマー
・コンテンツホルダー

テレビ局はこの先、上二つの選択肢を選らばざろうえなくなる事は間違い無いと堀江は語った

そもそもプラットフォーマーってなんなの?って事ですよね

(英: platform)とは、周辺よりも高くなった水平で平らな場所(台地)をさす英語。

中期フランス語 (plate-forme)から英語に取り入れられた。

出典:wiki

wikiを見てもいまいちピンときませんね(笑)

要は現代で使われているプラットフォームという意味は「便利な場所提供」って考えると理解しやすいと思います

例えば「バスに乗りたい」と思ったとしましょう・・するとどこに向かいますか?バス停ですよね?

そうですバス停がプラットフォームって事です
例をあげると、駅のホーム、スーパー、コンビニ、本屋さん、駐車場、すべてプラットフォームになります

ではテレビのプラットフォームって・・そうですねチャンネルです

続いてコンテンツホルダーなんですが、この意味は簡単ですね

コンテンツ=内容という意味なのでコンテンツホルダーは内容保持者・・・直訳じゃ意味わからんですね(笑)

テレビコンテンツと言えば、アニメやドラマ、報道、まあ色々ありますが

要はそれを保持してるという認識でOKです

テレビを買収しようとした理由

では現代でプラットフォーマーを目指すとするならどういう事になる?というと・・

それはGoogleやAmazon、Appleとタイマン張る事になるという事です

それってどういう事かというと
GoogleやAmazon、Appleには日本のテレビ局が配信している映像コンテンツなんて余裕で持ってるし

そこに新規参入して市場の取り合いになる事を意味します

それを踏まえたうえで堀江はグローバルで戦える戦略を持っていてテレビを買収したかったしプラットフォーマーになってやりたいこ事があったと語りました

最後に堀江が笑い話で言っていた
「テレビでYouTube流してる番組あるけどあれ何なの?そんな事やってないでYouTubeでやれば良いのに」

という意見には僕は大賛成です(笑)

動画▼

[blogcard url=”https://www.youtube.com/watch?v=MXizd2Wf6MI”]

関連記事
[blogcard url=”https://jinno-q.net/2015/11/02/post-1539/”]

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,512から
(2015/11/4 22:07時点)

 

 

元プロマジシャンjinno(ジンノ)です
摩訶不思議なことが大好物すぎて色々追求した結果プロマジシャンになったりしていたのですが・・一向に芽が出なかったのでプロマジシャングッバイ(笑)

世界の裏側や都市伝説といった切り口で配信しています
裏話はメルマガでしか配信しませんのでメルマガ登録必須です

マジでヤバイ話は有料コンテンツサイトにて暴露しています
有料コンテンツを1ヶ月無料で覗いてみる

ブログじゃ話せない裏話はメルマガで配信しております
無料メルマガはコチラ
LINE@配信はじめました
LINE@に登録

スポンサーリンク

-記事が面白かったらシェアしよう-