大沢樹生 実子裁判で勝訴 「長男と親子では無い」

スポンサーリンク

現在はお互い離婚している

大沢樹生は女優の喜多嶋舞と妊娠3ヵ月に”出来ちゃった婚”で結婚し、約9年後の2005年に離婚していて

大沢樹生、喜多嶋舞の、お互いは別々に再婚を果たし家庭を築いている。

東京家庭裁判所の下した判断は?

saibansyo

この裁判は民法722条に乗っ取った裁判になりまして

結婚成立して200以内に生まれた子供に対して父子関係が成立するかどうなのか?が争点になっていましたが

実はDNA鑑定上の結果として大沢樹生と息子との関係は0%という事は分かっていましたが

戸籍の関係性は裁判でしか覆えす事が出来ないので
大沢樹生は戸籍上の関係を正すべく裁判をを起こしたのですが・・・

結果は「親子関係を認めない」という結果になり、形式上では大沢樹生の訴えは通った事になりますので勝訴になります

結婚当初に酔っ払って「あなたの子じゃないのよ」

元奥さんの喜多嶋舞は結婚当初に酔っ払って「あなたの子じゃないのよ」と大沢樹生に言ったみたいですが

その当時樹生は「どうせ酔っ払ったたわごとだろ」と話を流したそうですが

やはり成長するにつれ背格好や顔つきが、どう上手くみても”なんか違うな”って思う事は多少なりともあったそうです

その後離婚をして結婚当初の「あなたの子じゃないのよ」って言ってた事を思い出した時に成長した息子みて
やっぱり自分の子ではないのかな?という疑心暗鬼に駆られたそうです

裁判の形式上、大沢樹生は悪者になるしかなかった

大沢樹生自身DNA鑑定で親子関係が0%だった事を知ったにも関わらず

「いままで息子として接してきたし、育ててきた」と話し血縁上は関係が無かったとしても、どうしてもハッキリさせておくべき事として今回の裁判になったのですが・・

まず訴えの形が親子関係の戸籍上の有無が争点の訴えになりますので

大沢樹生が息子を訴えるという形式をとらざろうえない形を取ってるのでその形式自体が

「息子さん可哀そう」「大沢さん何考えてんの?」といったような世間からかなりのバッシングがありましたね

これに関しては”親子不存在”という法の元に起こした裁判であるため息子さんが被告人になるのは本当に仕方のない事であるとしか言いようがないですね

大沢樹生自身も現在家庭を持ち将来の事を考え、相続とかの問題もありハッキリしておくべきだと判断した行動ですので

相当な覚悟で行った裁判だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元プロマジシャンjinno(ジンノ)です
摩訶不思議なことが大好物すぎて色々追求した結果プロマジシャンになったりしていたのですが・・一向に芽が出なかったのでプロマジシャングッバイ(笑)

世界の裏側や都市伝説といった切り口で配信しています
裏話はメルマガでしか配信しませんのでメルマガ登録必須です

マジでヤバイ話は有料コンテンツサイトにて暴露しています
有料コンテンツを1ヶ月無料で覗いてみる

ブログじゃ話せない裏話はメルマガで配信しております
無料メルマガはコチラ
LINE@配信はじめました
LINE@に登録

スポンサーリンク

-記事が面白かったらシェアしよう-