量子テレポーテーション?二重スリット実験で分かるぞ!科学を実験で分かる話の延長線上に宇宙につながる話し

スポンサーリンク

 

 

テレポーテーションって出来るの?

テレポーテーションって出来るかどうかの話になってきたら「出来る」としか言いようが無いです

だって出来るんだもん

でもでもだってじゃあドラえもんみたいにタイムマシン出す事は出来ないし、
どこでもドア出すことも出来ないです

それは科学の世界を分かりやすくアニメの世界で表現しただけであって共通するものはたくさんあります

ドラえもんの道具ってあるじゃないですか・・・あれって今現在みんな使ってますからね

関連記事量子コンピュータによって暗号セキュリテイが通用しなくなる日が来る?

関連記事テレポート?瞬間移動!?実際に起きた2つのテレポート怪現象の考察

例えば

・どこでもドア→飛行機や移動する為の交通機関
※無理があるか(笑)

・タイムテレビ→過去に写した(写して無くても)動画が見れる

・例えばクラウドサービスとかもうほぼ4次元ポケットじゃんって思います

僕が普段使ってるクラウドサービスはこれっすね↓無料で使えるんでオススメです

20150522091815

 

yahoo知恵袋

質問

「クラウド」について簡単にわかりやすく説明してください。

NHK週間子どもニュースを今日視て、初めて知りました。小学生向けの番組なのに、解説が分かりませんでした。また、私個人で利用はできるのでしょうか?

出典:yahoo知恵袋

 

ベストアンサー

[サーバー]

まず、サーバーは、わかりますか?
あるコンピューターと、別のコンピューターを接続する場合は、一般に親子関係です。
例えば、コンビニ等にある銀行ATMは、子機で、銀行の親機に接続します。
このYAHOO!知恵袋サイトならば、YAHOO!と言う会社に親機があり、質問者さんのパソコンは子機です。
正式用語で言えば、親機をサーバーと言い、子機をクライアントと言います。

[クラウドコンピューティングの基本概念]

クラウドは、直訳すると雲です。
すなわち、「サーバーの規格を、雲のようなモヤモヤとしたイメージの物にしましょう」と言う物です。
実は、現在のコンピューターの親子関係には、様々な規格があります。

ところで、プログラムを作るには、プログラミング言語と呼ばれる言語で、プログラムの処理内容を記述して作ります。
一般の言葉には、日本語、英語、フランス語等があるように、プログラミング言語も、C言語、Java、C++と言うような様々な言語があります。
そして、その各種言語で使われる様々にプログラム上の規格があります。

そういった様々なプログラミング言語や、様々な規格の違いを気にしないで、雲のようなモヤモヤっとしたイメージのサーバー(親機)に、自由に接続が可能になったら便利です。
そういった技術者達の運動は、一般に2000年から始まって、特に2002年以降から盛んになりました。
しかし、技術的な面や、コンピューターの処理能力の面などの条件が、まだ合わないので、いったん勢いが冷めてしまいました。
ここ最近、様々な技術も調い、また、コンピューターの処理能力も、だいぶ良く成り出しているので、クラウドの時代が始まる可能性があります。

ただし、現段階でも、まだ、途中の段階で—、と言うよりも、初段階に入るための前準備の段階です。

[現段階のクラウド — 仮想化技術]

現段階では、仮想化技術と呼ばれる技術で、<<サーバーの貸し出し>>をしている物を、クラウドと呼ぶことが多いです。
今、クラウドは、企業が利用すること多いですが、一般人でも利用が可能です。
サーバーの説明は、前述しましたが、一般家庭でサーバーを持つことは、あまり無いと思います。
しかし、クラウドを運営する会社と契約すれば、気軽にサーバーを使えます。
例えば、友達の家に遊びに行って、「この前、一緒に旅行に行った時の写真を見せてよ」と言われたとき、「私の家のパソコンに写真があるから、今は無理。今度ね」となります。
しかし、クラウドと呼ばれるサーバーに、写真を保存していれば、友達の家のパソコンから、写真を取り出せます。

おそらく、テレビの説明では、クラウド運営の会社を利用する事で説明していますが、一般家庭でも、その手のサーバーを置けます。
家族の誰かが、サーバーの管理を知っているレベルならば、性能の良いサーバー用のパソコンを1台用意して、それに仮想化技術をインストールします。
その後は、家族の一人一人が、安いパソコンを持って、先程のサーバー機に接続します。
安いパソコンと言ったのは、子機は、それ程性能が良くなくてもOKです。
処理の負担は、殆どサーバー側で行うからです。
なお、サーバーを用意する管理者は、それなりの知識は必要ですが、その他の家族の一員は、パソコンが使えるレベルでOKです。
なお、クラウド運営の会社と契約する場合では、多くの場合が、仮想化技術はインストール済みです。
よって、パソコンが使えるレベルの人ならば、気軽に個人でサーバー利用が可能と言うことです。

まとめますと、仮想化技術と呼ばれる技術のおかげで、気軽にサーバーの利用が可能になった、と言う事を覚えておいて下さい。

[第2段階 — サービスの利用]

前述しました仮想化技術は、クラウドと等価ではありません。
クラウド時代の初段階のために利用される技術のひとつに過ぎず、まだ、クラウドらしい特長が少ないです。
クラウドが様々なサービスを提供し出すと、クラウドらしさが出てきます。

例えば、流通システムとか、社員管理ソフト等の企業用ソフトは、一般にその企業が、ソフト会社に依頼して作る一品一様な物です。
御金と、作成期間が、かなりかかります。
また、作成完了後も、ちょっと仕様を変更する場合においても、ソフト会社に依頼して、御金と時間がかかってしまいます。
しかし、ネット上で、流通システムのクラウドのサービスを探して契約すれば、作成期間は全く必要無く、御金も比較的に安いです。

ただし、現段階では、利用側も、プログラムを作れる人に限られるサービスが多いです。
よって、現段階では、企業の利用が多く、個人の利用が難しいです。
一般に簡単に利用が可能なサービスは、これからです。

もう余白が無いです。
現状のクラウドとしては、上記説明で良いのですが、第2段階の個人利用と、その先については、続きを下記に記しました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1148154021

出典:yahoo知恵袋

「めっちゃ分かりやすい回答ありがとうございます」ってコメントだったけれど・・長ったら過ぎて分からんがなw

簡単に言ったら電子情報を預かってくれるサービスね!

例えば大事なエクセルやワードの資料をいつでもどこでのウェブ上で共有出来るサービスって事なんですよね

クラウドサービスの事を知った時に「これ4次元ポケットと一緒じゃね?」と思ったのは僕だけじゃないはず

ただ言いたいことはスマホでドラえもんがやってることほぼ出来ますね!!イメージとしてはスマホ持つ=四次元ポケット持って持ってるんだよと言いたい訳です

 

話が逸れてしまった・・・テレポーテーションについて実験してみてどうなるかどうか?の動画があるので見てください

 

2重スリットの実験▼

 

この実験で何が分かるか?って話ですよね・・では実際に実験してみた動画▼

世界初:完全な量子テレポーテーションに成功

 

これしかも2013年の動画ですからね2016年の現代ではどうなってるんだよ!?って事ですよ

時間軸や4次元以降の世界になってくるとやっぱり映像でしか表現出来ないんですよね、知り得る範囲では11次元まで存在するんですが・・これは鼻血が止まらなくなるんで説明止めときます

4次元とか宇宙の話で映像でかなり表現出来てるので最高なのってアレっすねインターステラーですよ!

マジデ見て欲しい

インターステラー▼
c0018492_22103258

ほんとスゴイ!!映像ヤバイから!

映画『インターステラー』スペシャル映像▼

 

インターステラーの概要

ネタバレというか設定のお話、もう地球には自然災害がひどくて住んでいられない状態からスタートします

そこから新しい星に移り住む計画が進んでるんですが、映画の冒頭やストーリー始まってる段階では分からないように伏線が張り巡らされてます。

最後の事まで言っちゃうと本当にネタバレになっちゃうのでやめておきます

関連記事▼
【やりすぎ都市伝説】2015冬、宇宙時代の到来、そして火星移住計画の真相。

 

 

元プロマジシャンjinno(ジンノ)です
摩訶不思議なことが大好物すぎて色々追求した結果プロマジシャンになったりしていたのですが・・一向に芽が出なかったのでプロマジシャングッバイ(笑)

世界の裏側や都市伝説といった切り口で配信しています
裏話はメルマガでしか配信しませんのでメルマガ登録必須です

マジでヤバイ話は有料コンテンツサイトにて暴露しています
有料コンテンツを1ヶ月無料で覗いてみる

ブログじゃ話せない裏話はメルマガで配信しております
無料メルマガはコチラ
LINE@配信はじめました
LINE@に登録

スポンサーリンク

-記事が面白かったらシェアしよう-